専業主婦の借り入れ

MENU

約9年間OLとして働いていた

約9年間OLとして働いていて、今は専業主婦として家事など家のことを中心に主人のお世話をしているものです(笑)

 

OLとして働き始めたころはまだ結婚もしておらず、実家から職場に通っていたので、食事や洗濯など全て母任せ。私は自分の仕事だけをして、あとはグータラな生活をしていました。

 

休みの前の日には飲みに行ってお金を使い、欲しいものがあれば自由に買うことができ。

 

お給料の中から3万円は母に生活費として渡していましたが、それ以外のお金は全部自分の自由に使うことができていました。

 

保険や携帯代なんかはもちろん社会人になってからは自分で支払っていますよ(^^)保険料とかずっと、今でも親が払ってくれている友人がいるんですけど、羨ましい反面甘え過ぎじゃない??って思いますけどね((+_+))

 

そんな好き勝手なOL時代を過ごしながら26歳の時に結婚。結婚をして家庭に入る人もいるのですが、私は働けるうちは働いていたいっていう人なので、仕事と主婦業を掛け持ちというか、両方をこなしていました。

 

最初の頃は、主人のお弁当作りから朝が始まり、帰宅すると夕食作り、洗濯やその他もろもろの用事を済ませ、やっと落ち着いて座れる時間って言うのは、段取りの悪さなんかもあったのかもしれませんが23時を回っていることが多かったですね(;´・ω・)

 

主人が亭主関白気味なのでほとんど動いてくれず、主人の世話まで私がしないといけなくてストレスが溜りまくっていましたよ(>_<)

 

喧嘩をしたくないので黙ってしていましたが、それは新婚のころで、今はガンガン言っちゃうので「口うるさい」と最近は言われるようになりました(笑)慣れって怖いですね(笑)

 

それから、昨年のことです。会社が不景気で親会社と統合。その時に希望退職を願われ、なんとなくこの会社にいても自分の成長はないんだろうなって思っていたので私は退職することに・・・それから現在まで約1年間専業主婦をしています。

 

ずっと働いていましたが、専業主婦をしている友人をみていると、専業主婦っていいな♪自分の時間たっぷりあるんだろうな♪好きなときにランチとかいけるよね♪みたいに専業主婦っていうことにはいいイメージしかありませんでした。

 

ところがどっこい!!お給料を貰いたいくらい、時間があれば余計にすることが増える。

 

と、いうのは、働いていれば少々家が汚くても、洗濯ができていなくても、ご飯が適当でも仕方がないで終わらすことができていたのですが、時間がたっぷりある今だと毎日すべてを完璧にしていないと、ただのグータラとしか見られない・・・

 

しかも、自分の収入がある訳ではないので、生活費の中から自分の娯楽にお金を使うことに気が引けます。

 

コレ欲しいなっていうものも、独身時代には迷わず買っていたのに、今ではものすごく迷って、主人に相談して・・・ってお金に関しては全く自由がなくなりましたね。

 

私も働いていれば、少なからずの自分のお金は持てていたんですけどね(._.)

 

専業主婦に夢を抱いていたのですが、やはり私は働いていた方が自分にあっているように感じます。結局は働いているからっていう言い訳をしたいだけなのかもしれませんけど(笑)

関連ページ

独身時代は早く結婚したいと思っていた
独身時代は早く結婚したいと思っていたが専業主婦となってみてどうだったか紹介します。
全ての家事をやらなければならないのが大変
専業主婦は全ての家事をやらなければならないのが大変ということを紹介します。
お金の使い道の違い
独身時代と専業主婦でのお金の使い道の違いを紹介します。
自由が無くなった
独身時代と違い専業主婦になると自由が無くなったということを紹介します。
節約にもなれ楽しくなってきた
節約にもなれ楽しくなってきた専業主婦について紹介します。
規則正しい生活への変化
専業主婦となり規則正しい生活への変化したことについて紹介します。
専業主婦生活に不満をたくさん抱えている
専業主婦生活に不満をたくさん抱えているを紹介します。
10年以上の一人暮らしからのギャップ
10年以上の一人暮らしからのギャップがすごかった専業主婦を紹介します。
違う性格になった
専業主婦になって違う性格になったということを紹介します。
実は一番充実した日々
実は一番充実した日々の主婦生活を紹介します。